邦彦は、道頓堀川沿いの喫茶店で働きながら美大に通う学生。両親を亡くした彼の親代りのマスター竹内は、日本一のハスラーになると言って家を出た息子の政夫が悩みの種だった。彼も同じ道を歩んで挫折した過去があった。ある日、邦彦は道頓堀川にかかる橋の上で、小料理屋のママ、まち子と出会う。数日後、まち子の愛犬を探す二人には、急速に愛が芽生えやがて結ばれる。宮本輝の『泥の川』『蛍川』に続く“川三部作”の完結編といえる小説を原作に、深作監督が未知の分野に臨んだ意欲作。父と子、男と女、そして様々な人間たちが織りなす愛と憎しみの情念が鮮烈に描かれた傑作である。【おことわり】この作品には一部不適切と思われる表現がありますが、著作物のオリジナル性を尊重し、製作当時のまま配信致します。またフィルム原版が長い年月を経過しており、一部お見苦しい箇所がございます。ご了承ください。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥2,500

予告編

予告編

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画