「幕末。愛に生きる侍がいた」 ―――監督・山田洋次×小説家・藤沢周平による時代劇三部作の第二弾! 秘剣「鬼の爪」をめぐる友情と憎悪と優しい愛の物語 ―――時は幕末。東北の海坂藩に籍を置く片桐宗蔵(永瀬正敏)は、かつて女中奉公に来ていた娘・きえ(松たか子)が、嫁ぎ先の油問屋で病に伏せっていると聞いて駆けつける。 やつれ果てたきえの姿を見た宗蔵は、主人に離縁状を用意するよう申し伝え、自らきえを背負って自分の家に連れて帰るのだった。 きえは日に日に回復し、宗蔵の家にはまた昔のように華やいだ笑いが溢れるようになっていた。そんなある日、海坂藩江戸屋敷で謀反が発覚。その首謀者の一人である狭間弥市郎(小澤征悦)と宗蔵は、かつて藩の剣術指南役だった戸田寛斎の門下生で親しい友人だった……。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥2,500

予告編

予告編

この映画のアーティスト

視聴者はこんな商品も購入しています

時代劇の映画