バブル崩壊後、大量の売れ残り物件と余剰人員を抱え経営難に陥った太陽不動産では、副社長の横山の提案で大胆なリストラ計画が実行された。“首都圏特販部”を新設し、そこに余剰人員を送り込み、無理な販売目標を課して人員の削減を図るというものである。一旦は退職を考えた篠田は本来の仕事に目覚め滝川たちと攻勢に転じるが、予算ゼロ、おまけに横山一派の執拗な嫌がらせに合ったりと業績は一向に上がらない。そんなある日、「集団左遷」として記事になり特販部は世間の注目を浴びるようになり・・・日本企業の本質をリアルに捉えた江波戸哲夫の同名原作の映画化。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥2,500

予告編

予告編

この映画のアーティスト

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画