1947年マフィアのドン、ビト・コルレオーネ(マーロン・ブランド)の屋敷内で末娘コニー(タリア・シャイア)の結婚式が行われた。コルレオーネ家の一族、「ファミリー」と呼ばれるマフィアの組織の面々ら総勢数百人が会す壮大な挙式だった。邸内の、ブラインドが下ろされた書斎で、タキシード姿の右胸に血のような真っ赤な薔薇を刺したビトが、訪ねてきた友人の嘆願に耳を傾けていた。自分をすがってくる者には愛と権力、知力で十分に報じた。それがドン、(ゴッドファーザー(名付け親))としての義務、尊厳であった。対立するブルーノ・タッタリア(トニー・ジョルジオ)の息のかかった麻薬の売人ソロッツォ(アル・レッティエーリ)が取引の話を持ちかけてきた。ビトは丁重に断ったが、やがてソロッツォは暗殺計画を企てる・・・。第二次大戦から復員したマイケル(アル・パチーノ)は父親の暗殺未遂に強い憤りと怒りを憶え、マフィア社会に身を投じていくのだった・・・・。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥1,500

予告編

予告編

評価とレビュー

4.1/5
149件の評価

149件の評価

16+ COMMON SENSE

The classic tale of a Mafia family, violence and all.

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画