iTunes

iTunes Store を開いています。iTunes が開かない場合は、Dock または Windows デスクトップで iTunes アイコンをクリックしてください。Progress Indicator
iBooks Store を開いています。iBooks が開かない場合は、Dock の iBooks App をクリックしてください。Progress Indicator
iTunes

iTunes is the world's easiest way to organize and add to your digital media collection.

お使いのコンピュータで iTunes が見つかりません。 今すぐ iTunes を入手して映画をプレビュー、購入、レンタルしましょう。

すでに iTunes をお持ちの方は、「すでに iTunes を持っている」をクリックして iTunes を開いてください。

I Have iTunes 無料ダウンロード

HINOKIO

HD   G

秋山貴彦

この映画をプレビュー、購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

作品情報

突然の事故で、母サユリ(原田美枝子)を亡くした少年・岩本サトル(本多奏多)は、ショックからリハビリを拒否し、車椅子で部屋に引きこもる生活をしていた。サトルの父で技術者の薫(中村雅俊)は、そんな息子を心配し、自ら開発したロボット<H-603>を与える。遠隔操作で自由自在に動くロボットを操作し、サトルは1年ぶりに学校に通い始める。サトルのロボットは材料にヒノキが使われていることから、“ヒノキオ”と命名される。ふとしたきっかけでガキ大将のジュン(多部未華子)らと仲良くなったヒノキオ(=サトル)は、友情を知り、少しずつ心を開いていくのだが…。

カスタマーレビュー

よく出来たジュヴナイル。

母親の事故死をきっかけに引きこもってしまった小学生・サトル。ロボット工学の技術者である彼の父は、遠隔操作で動かせるロボット(後に付いたあだ名:ヒノキオ)をサトルに与え、サトルはロボットを介して学校に登校するようになる。やがて仲間も出来、徐々に心を開いて行くサトルだったが、同時に軋轢も生まれつつあったのだ・・・。

2005年7月9日公開の、ハートウォーミングなジュヴナイル作品。劇場で観て好印象だったので、iTunesでレンタルして再見してみた。

監督の秋山貴彦がVFXスーパーバイザーとかの出身という事で、ヒノキオのCG合成は確かにスゴい。劇場で観ても自然で、CGとプロップの区別がつかない。ヒノキオが風景に自然と溶け込んでいる事が作品の本質に関わると思うので、スタッフもスゴいシビアにチェックした事だろう。各所で紹介されていたこの労力には、素直に拍手を送りたい。

またメインストーリーはしっかり作り込まれており、子役たちも(多部未華子や本郷奏多、堀北真希など、今なら当然と言う気もするが)しっかりした演技をしていて、なかなかに魅せてくれる。ヒノキオとの合成などもあって大変だったと思うが、子供中心の話でプリミティブなストーリーであるにもかかわらず、見終わった後に充分な満足感が残る。
後味も爽やかで、とてもハッピーな気分になれる。

ただ、疑問点も少々残る。

本筋以外で謎が解明されてない。あのゲームはなんだったのか。ヒノキオの真の開発過程はどうだったのか。特にゲームは本筋に大きく関わる部分だっただけに、ちょっと気に掛かる。想像するのも難しいし。ヒノキオ開発に関するいちゃもんは、ちょっと蛇足。眼鏡の子の捏造で充分だったのでは?それ自体は捏造だったと思えば思えるけれど、眼鏡の子が最後まで改心しないのもリアルではあるが健全とは言えないなぁ。

ラストの生死うんぬんという部分も、ちょっとこってりしすぎの気がする。もう少しウェットさを抑えて、活劇中心にした方がよかったかな。その方が説教臭さも抑えられて、子供受けもよろしかっただろう。

とはいえ、全体から受ける印象はとても良いです。邦画が隆盛を極めていても、こういう良質の作品がすっかり影を潜めているのが残念。ドラマの映画版や原作付の興収が読めるものばかりでなく、もっとこういうオリジナルの小品が排出されるような体制が出来るといいなぁ、と思うのであった。

好きな作品!

この作品テレビで観てすごく好きだったのでレンタルじゃなく買えるようになってほしいです!

せっかくレンタルしたのに見れへん。
なんやねんコレ。

視聴者はこんな商品も購入しています

HINOKIO
iTunes で見る
  • ¥2,500
  • ジャンル: ドラマ
  • リリース: 2005

カスタマー評価