日本のビデオゲーム業界はその創造性と斬新さで80年代から2000年代までのあいだ、世界を牽引してきた。しかし近年はその優位性を保てず、日本の開発部の多くは奇抜なゲーム体験やリスクの高いプロジェクトを回避する方向へシフトしていくようになった。その反面、世界中の多くのプレイヤーが、少年少女時代に遊んだような、刺激的でわくわくするゲームを待ち望んでいる。独創的で創造性溢れる、自由への希求を志す業界のベテランや才能ある若者たちは、独立するという答えに辿り着いた。巨大なメディア企業が支配する日本の業界の中でも、そのような独立したクリエイターたちが活気溢れるコミュニティーを生み出してきたという事実は歴史が証明している。百万人を越す参加者を年中魅了するコミックマーケット(コミケ)などのイベントが良い例だろう。ここ数年を経て、日本のゲーム業界はこのインディークリエイターの影響力と、生まれたばかりのシーンの勢いに着目し始め、2013年には、東京ゲームショウが公で初めてインディークリエイターを主役に据えたブースを展開することになった。『これは新たなムーブメントの始まりとなり得るのだろうか?』この疑問を胸に、私たちは日本のインディー業界を巡る二年間の旅を始めました。Branching Pathsは日本のインディーゲームに関わるデベロッパー、パブリッシャー、そしてそれに引き寄せられた多くの人々が織り成す世界を描かれています。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥900

予告編

予告編

情報

スタジオ
Assemblage , Anne FERRERO
リリース
著作権
© 2015 ASSEMBLAGE & Anne FERRERO. All rights reserved.

言語

オリジナル
日本語 (ステレオ)

視聴者はこんな商品も購入しています

ドキュメンタリーの映画