怪猫騒ぎも一段落し、信州七日市へ足をのばす黄門様一行。そこで待ち受けていたのは、人喰い狒々横行という変事。甲武信権現の怒りを静めるために、三日に一度、若い娘が生贄に供されるということだった。生贄の家には、予告として白羽の矢が立ち、もし娘を差し出さなければ、一家が皆殺しにされるというとんでもない話。黄門様は、養子である城主前田丹波守が将軍家連枝のため、久し振りに再会することが目的であったが、これを見過ごす訳にもいかなかった。一行が泊まった茗荷屋の娘に白羽の矢が立ったことで、主人の宗右衛門を説き伏せ、黄門様が花嫁衣装を纏い、身代わりとなって甲武信権現に到着するが、何も異変は起こらなかった。しかし、戻ってきた黄門様一行を待ち受けていたのは、宗右衛門一家が惨殺されたという知らせであった。

予告編

予告編

情報

スタジオ
東映
ジャンル
日本映画
リリース
著作権
© 東映

言語

オリジナル
日本語 (ステレオ)

視聴者はこんな商品も購入しています

日本映画の映画