京極和歌子は、幼い頃“五郎”としか記憶がない放浪画家に「少女像」を描いてもらっていた。その絵には必ずGMとだけサインがあった。“五郎”との再会を夢見る彼女は、その絵を銀座の画廊に持ちこむ。男が二人名乗り出たが二人とも怪しい。一方、銀座の顔役で花屋の三室戸完こと通称コニイは、この事件の最初から和歌子に異常な関心を示していた。彼女は夫の克巳がヒロポン密造に関係しているのを嫌って、一人娘珠代を大磯の自宅に残したまま別居していたが、そこへ突然大阪から姪の仲町雪乃が上京して来た。ある日、コニイはポン中の子分のジープをバー「キャロル」から連れ出そうとしたが、連中と大乱闘を演じ留置場へ放りこまれる。その中でバーのマスターからGMという名は三室戸五郎のことで、大陸からの引揚者で年は四十才前後ということを聞き驚く。三室戸五郎とはコニイの実兄だった…。

    • レンタル ¥407
    • 購入する ¥2,546

予告編

予告編

出演者/スタッフ

情報

スタジオ
日活株式会社
ジャンル
ドラマ
リリース
著作権

言語

オリジナル
日本語 (ステレオ)

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画