東京のさる病院に入院した味岡道代は、見舞いに来た芝令子と小河内まゆみに数年ぶりに出会った。令子は建築界を牛耳る芝直吉の若妻だったが、自分を金のかからない秘書兼娼婦としか考えぬ夫に不満を持っていた。ある日令子は、青年紳士・立花烈に出会う。勝浦の旅館にまで後を追って来る立花に、令子は十年の夫婦生活を越える魂の目覚めを感じ出す。一方、まゆみも病妻持ちの出版社部長下妻と関係を持っていた。借金してでも旅館業を始めて身を固めたいと考えているまゆみは下妻と連れ立ち伊勢松坂の兄を訪ねる。この頃、志摩に赴いた令子は、ホテルで遂に自ら進んで立花の腕に抱かれていた。兄と話合いのついたまゆみも、下妻に激しく迫られ体を許す。飢えも満された令子とまゆみだったが…

    • レンタル ¥407
    • 購入する ¥2,546

予告編

予告編

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画