昭和初期―秋田の片田舎で生まれた子犬が、東京の大学教授の家に贈られてハチ公と名付けてもらう。成長したハチは、いつしか教授を渋谷駅まで送り迎えするのが日課となるが、教授は病気で帰らぬ人となる。しかしハチは雨の日も風の日も渋谷駅で教授の帰りを待つ…。渋谷駅前の名物になっている銅像"ハチ公”の物語をてらうことなく丁寧に描き、人と動物との愛の交流を描いた感動作。【おことわり】この作品には一部不適切と思われる表現がありますが、著作物のオリジナル性を尊重し、製作当時のまま配信致します。またフィルム原版が長い年月を経過しており、一部お見苦しい箇所がございます。ご了承ください。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥2,500

予告編

予告編

情報

スタジオ
松竹株式会社
ジャンル
ドラマ
リリース
著作権
© 1987松竹株式会社/株式会社東急エージェンシー/三井物産株式会社

言語

オリジナル
日本語 (ステレオ)

アクセシビリティ

SDH
耳の不自由な方向けの字幕(SDH)は、作品のオリジナル言語で利用可能な、会話以外の関連情報も追加された字幕です。

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画