「おのれ!我らに歯向かうダイナマンとは何者だ!」グランギズモの司令室では、帝王アトンがカー将軍に向かって怒っていた。アトンは地底を制覇する有尾人一族の帝王である。そして今や新しい強力進化獣サイシンカを作り、ダイナマンを倒して地球を支配しようと企んでいた。突然、東京では大噴火が起き、高層ビルが吹き飛ばされた。「ダイナマン出動せよ!」それは帝王アトンが仕向けた地下からの使者ギズモスキート編隊だった。ダイナマンが進化獣サイシンカに一撃を加えても、サイシンカの体には厚い皮膚が次から次へと再生。ダイナマンは苦戦を強いられる。その頃、夢野研究所では、弾北斗(ダイナレッド)が邪神剣を打ち破る剣道ロボットを考え出していた。それは邪神剣の動きが全てプログラムされた画期的なものだった。

    • レンタル ¥407

予告編

予告編

情報

スタジオ
東映
ジャンル
特撮
リリース
著作権

言語

オリジナル
日本語 (ステレオ)

視聴者はこんな商品も購入しています

特撮の映画