絹代という女性と所帯を持ちたいと柴又へ帰ってきた寅さんは、さくらと梅太郎に付き添われ山陰・温泉津へ赴いた。しかし蒸発した主人が戻ったと嬉しそうに絹代に告げられた。二人に置き手紙を残して旅に出た寅さんは、津和野で歌子に二年ぶりに再会した。陶芸家の主人を病気で亡くし彼の実家で図書館勤めをする歌子の暮らしが寅さんには不幸に見えた。心残りながら柴又へ戻った寅さんだったが、東京で人生の再出発を決心した歌子が訪ねて来て大はしゃぎ。でも歌子は喧嘩別れした父との関係に心を悩ましていた。

    • レンタル ¥400
    • 購入する ¥2,500

予告編

予告編

情報

スタジオ
松竹株式会社
ジャンル
ドラマ
リリース
著作権
© 1974 松竹株式会社

言語

オリジナル
日本語 (日本) (ステレオ)

視聴者はこんな商品も購入しています

ドラマの映画